保育士は給与が安いのか?

ホリエモンが「保育士は誰でもできる仕事だから」と発言し炎上しています。賛否両論あると思いますが、保育士は、資格を所有しながら、「仕事がハード、給与が安い、残業が多い」などで離職する人が後を絶ちません。

政府の調べでは、保育士の資格を所有して働いていない人が、約80万人いるとされています。保育士の資格を持ちながら働いていない理由は、先ほどの「仕事がハード、給与が安い、残業が多い」である事が多いでしょう。

このような問題を解決しようとしている保育園があります。2017年9月に横浜市都築区にオープンしたフェアリーランド横浜センター北です。

保育園「フェアリーランド横浜センター北」は、通常の保育園とは違うと思われる勤務体系を取っています。フルタイム正社員、短時間正社員、パートタイマーの携帯から選択できます。

他と違うところは、雇用の形態で仕事内容に差をつけず、正社員でもパートタイマーでも、

給与は同じ水準だということです。他業種でも問題になっている、同一賃金同一労働を実現しています。

さらに、事務作業は在宅勤務も可能にし、夜間や早朝は交代制にしています。保育士は園児との対応のみと思われがちですが、成長記録やお便り、保育の契約や準備など、自宅でできる仕事はかなりあるといいます。

子育てしながら保育士として働きたいという要望に応えるために、園で保育士の子どもを預けられる上、好きな時間帯に好きなだけ働くという方式をとっています。夢のような保育園ですね。

このように、保育園は、運営していく上で、保育士確保のために、保育士の働き方の見直しに迫られていることは確実であると思われます。

しかし、多数の保育園の現状は、保育園「フェアリーランド横浜センター北」とは程遠い勤務体系をとっています。保育士の働き方を見直そうと思っているのかもしれませんが、実行されていません。

「仕事がハード、給与が安い、残業が多い」という保育士の職場環境を改善するひつようがあることを、ホリエモンの発言が気づかせてくれたのかもしれません。