仕事が嫌になった時は?その時にはこうしよう!

仕事をしていると、いろいろなことがあります。その中でも特に多いのは、仕事をすることが嫌になることではないでしょうか。それは、当たり前の事ですがその時はとても辛いです。そんな時、どんな風に乗り越えるといいのでしょうか。仕事が嫌になることは、この私も何度もありました。その時、その時でいろいろな方法で乗り切りました。そのことについて、ご紹介します。

・ストレスを解消する

仕事が嫌になる時に、一番多いのは自分が仕事ができない時に抱えるストレスではないでしょうか。失敗をする、誰かに注意をされるなど、そんな時にはたちまち嫌になってしまいます。そして、やめてしまいたいと思うこともあります。しかし、その都度やめてしたらどんなことをしても、続けることができないかもしれません。そのため、ストレスを感じた時にはその都度ストレスを解消することにしていました。私の場合は、カラオケで思いっきり大きな声を出して歌う、ジョギングをして汗を流す等です。そのことは、一人でもできますね。そのようにすると、気持ちをスッキリとさせることができます。

・自分の立場を見直す

仕事が嫌になった時は、もっと良い仕事があるのではないかと思うことがあります。こんな仕事やめてやると思うことがありますね。その時、その仕事についてももう一度見直していました。それは、今の仕事から転職をするといいことがあるのか、お給料はどうなのか、そんな風に考えて見るのです。すると、現状として転職出来ない、案外とこの仕事はいいかもしれないと思うこともありました。それを忘れていることが多いので、もう一度見直して見ることもいいですね。

・転職をする

実際に、仕事が嫌になって転職をしたこともありました。それは仕事として、もっと楽になりたいと思った時と人間関係で嫌になった時でした。それらは、どうしても解決することができなかったのです。そんな風に、どんなに頑張っても無理なこともありますね。そんな時には、思い切って転職をしました。転職をすることにより、気持ちをスッキリとさせることができたことと、後悔をすることはありませんでした。そのため、そのような大胆な行動を取ったことはそれで良かったと思っています。もしもそのままいたら、不安が増強する、体がボロボロになる、精神的に辛くなりすぎる等が考えられた時、転職もありです。そしてそのことを、後悔しなかったことでとても満足しています。