ブラック企業から脱出して、転職することは可能でしょうか?

ブラック企業は存在します。ブラック企業で多数の人が苦しみ、苦しみながらも、会社を辞めれずにいます。仕事中のみならず、休日でも憂鬱に過ごしています。

転職を家族は認めてくれないと思い、他の仕事をする自信がないからブラック企業から離れられません。

↓転職をお考えであれば参考にしてください。



現状のまま、ブラック企業にいては駄目だと思うなら、すぐに、転職情報を収集してください。考えていても何も変わりません。行動することで道は開けます。

どのような理由で会社を辞めたいのでしょうか?

時間残業、パワハラ、いじめ、休日が少ない、給料が極端に少ない、残業代を支払わない、違法行為等、ブラック企業には理由が多数あります。

休めなくて、長時間残業しても、残業代を支払わないというのが典型的な例でしょう。

勤務を続けることで、精神的や身体的な病気になってしまっては、何のために働いているのわからなくなります。

病気になってしまっても、会社が面倒みる訳がなく、ポイ捨てになるでしょう。会社からの退職金すら期待できません。

今の仕事が楽しくないのであれば、転職を考えてみるのも一つの選択肢でしょう。

多くの人が今もなお悩んでいます

ブラック企業に勤務している人はどれくらいいるのでしょうか?ある調査では、4分の1は自分が勤務している会社がブラック企業だと思ってるみたいです。

そのブラック企業だと思っている人の約50%は転職の意向があるらしいです。でも、転職の意向があっても、気持ちだけであり、実際は行動に移していない人が大半です。

勤務先がブラック企業だと思う人の8割がストレスや精神的身体的不調を感じており、ブラック企業が、健康に悪影響を与えていることは明らかです。

多くの人が今もなお悩んでいますが、「他の会社も同じ」「転職すれば生活ができない」「転職を考える時間がない」等の理由で、転職したいのが本音であるのに、会社に従事しています。

転職することで、解決するのでしょうか?

それでは、転職することで、ブラック企業から解放されるのでしょうか?

ある人は、どこの会社に行っても一緒だと考えています。その考えは果たしてそうでしょうか。

転職活動によって、ブラック企業であるかないかは、ある程度は判断が可能です。転職情報だけで判断せずに、自らの目で、確認することにより、ある程度は避けることができるでしょう。

転職することにより、今の苦痛は和らぐ可能性が高くなります。転職によって、給与が極端に下がることがなければ、転職の情報を収集し、転職するほうが賢明であると思います。

転職の情報収集

それでは、転職の情報収集はどのようにすればいいのでしょうか?

ブラック企業に勤務しながらの情報収集なので、時間がほとんどないと思います。効率的に転職活動をしなければなりません。

何から転職活動を始めればいいのかわからない。本当にうまくいくのか心配という不安があるし、転職情報も山ほどあるので、どれを選ぶのか全く分からないと思います。

どのように転職をすればいいのでしょうか?

まずは、自分がやってみたい仕事を考えてください。今の仕事と同じような仕事でもいいし、別にやってみたいなあという仕事でもいいと思います。

次に、どこの転職情報サービスにするかです。

DODA(デューダ)がお勧めです。

その理由は、求人情報が常時10万件と国内最大級であり、転職サイトと転職エージェントのサポートを利用できるということです。さらに、豊富な非公開求人情報があり、情報の質で他社を圧倒しています。

ご登録から入社の流れですが、まずは以下からご登録いただくと、1~2週間でDODAから連絡があります。専任のキャリアアドバイザーによる面談後、求人を紹介、書類対策、面接対策はアドバイザーがサポートします。

DODAの登録はこちらからです。

↓  ↓



手厚いアドバイザーのサポートがあるので、ブラック企業が入る余地はほとんどありません。ブラック企業から解放され、精神的身体的なゆとりができるのではないでしょうか。