転職初日の挨拶の仕方は?手土産はどうすればいいのか?

転職が決まり、新しい仕事を始める初日は緊張します。緊張した中での挨拶は何を言えばいいのかわかりません。

対策としては、事前に、短い挨拶と少し長い挨拶の2通りを考え、準備しておくと安心だと思います。

手土産は必要はないと思いますが、数量のあるお菓子などを渡してもいいでしょう。

挨拶はどのようなことに注意すれば、うまくできるのかをご紹介いたします。

最後に挨拶文の見本を案内していますので参考にしてください。

平常心を保つ

何らかの理由で前の会社を退職し、転職するということは、今時、めずらしくもなんともありません。ですから、転職後の初出勤であろうとも、そうそう強く緊張する必要はありません。

そうはいっても、転職後の新しい職場を、すぐに退職して、さらに転職をしようと考えている人はほぼ皆無といえ、多くの人が、新しい職場でこれから頑張っていこうという強い決意を持っていることでしょう。

そういったことを考えると、転職後、初日、初出勤時の職場での挨拶は大変重要なことといえます。特に、日本においては、礼に始まり、礼に終わる、と言われているように、その礼を尽くす上で、挨拶は大きな部分を占めます。

そのような重要な挨拶を成功させるためには、まず、平常心を保つことです。平常心を保つためには以下の3点を心掛けてください。

・笑顔を作る

・腹式呼吸をする

・ツボを10秒間指で押す

笑顔を作ることで、気分がよくなります。

腹式呼吸は、6秒かけて口から息を吐きお腹をへこませ、3秒かけて鼻から息を吸いお腹を膨らませる。これを10回ほど繰り返しましょう。リラックスできます。

ツボは気持ちいいと感じるところを親指などで押してください。手のひらの中央や手首や頭のつむじの辺りを指で10秒押してください。それを5回ほど繰り返すことで、気分が少し楽になるでしょう。

第一印象をよくする

・服装

・身だしなみ

・姿勢

・態度

いくら立派な挨拶をしても、第一印象が悪ければ意味がありません。

挨拶を成功させるためには、服装や身だしなみ、姿勢、態度といった見た目の部分も第一印象を左右するもので、そういったことも重要です。

それでは、服装や身だしなみはどうすればいいのでしょうか?業種や業務内容によって、違ってきますが、一言で言うならば、服装や身だしなみは清潔感が必要です。

スーツやシャツだけでなく、靴やかばんなどの雑貨も含めて、汚れやシワ、ヨレなどを確認してください。周囲の人は、細かいところをチェックしがちです。

姿勢をただし、胸を張り、態度は最初であるので、腰を低くし、半歩下がるほどの対応が必要であり、極端に自分を出さないほうがいいと思います。控え目な感じが必要でしょう。

私服勤務であるなら、面接と同じようなビジネスに合う服を選んでおいたほうがいいでしょう。勤務先の暗黙のルールにより、場違いになることを避けるためです。翌日からは、周りの雰囲気から判断して選びましょう。

制服勤務の場合も、シャツや靴などのルールがある場合がありますので、事前にチェックしましょう。

挨拶は内容よりも、第一印象の服装・身だしなみ・姿勢・態度を見ますので、事前に心がけるようにしましょう。

手土産に数量のあるお菓子をすれば第一印象が良くなるでしょう。

挨拶の内容

どのような挨拶をするか、ということで、その人に対する評価が大きく左右されるというのも事実です。

転職初日の挨拶ですが、基本的には、名前を憶えていただく、ということに始まります。

ですので、挨拶のなかで、本日から、〇〇に着任しました、とか、〇〇で働かせていただくことになりました、とか、といった内容のあとに、フルネームで、自分自身の名前をはっきりと述べることが第一になります。

加えて、あとは、状況に応じてということになります。各部署への挨拶まわりのときには、所属と名前で十分でしょう。あまり長いとよくありません。

ですが、逆に、自分の配属部署では、そういったものだけでは不足しているといえます。もう少し、自分自身の人となりをその部署の方にはご理解いただけるようにする必要があります。

前歴を少しだけ、例えば、前はどのような職業でどのような業務を担当していたのかを簡潔に述べることも必要であると思います。自慢話みたいに、実績や経験を長々と述べることは嫌われる原因になりますので、絶対にやめてください。

簡単でよいですので、こういったことを話そうということを事前に準備しておくとよいでしょう。そうすることで、当日の緊張を少しでも軽減でき、上手く話すことができるようになります。

私の場合は、メインの挨拶の短めの内容と、少し長めの内容の2通りを準備していました。数回、練習してみると、当日の挨拶に多少のゆとりが出るかもしれません。

緊張しやすい人は、事前に考えた挨拶を録音し、その自分の声を何度も聞いてみると、客観的に判断でき、緊張が和らぐでしょう。

挨拶文1

おはようございます。本日より、お世話になります〇〇(氏名)と申します。前職は××業界で働いていました。経験のない業界で慣れない点もあり、ご迷惑をおかけすることがあると思いますが、できるだけ早く皆様のお役に立てるように一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

挨拶文2

おはようございます。○○(氏名)と申します。△△出身です。これまでは営業ばかりをしてきましたが、ご縁があり、こちらに入社させていただくことになりました。不慣れな点もあるかと思いますが、1日でも早く仕事に慣れ、戦力として頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

まとめ

以上のように、転職初日の挨拶は大変緊張するものではありますが、今後のよりよい人間関係を築くベースとなるものですので、状況に応じたよい挨拶ができるように、事前準備をしておきましょう。手土産にお菓子を持参して第一印象をよくしましょう。

コメントの入力は終了しました。