会社を休む時の電話での言い方!信頼を損ねない伝え方解説!

朝起きたら、病気で会社に行ける状態ではない場合や、家族の急病や急用など、会社を休む連絡を入れなければならないときがあります。

会社に迷惑がかかるので、信頼を失わないようにうまく伝えたいですね。信頼を失わないためには、電話で直接伝えるべきですが、どのように伝えるかを悩むと思います。

そこで、会社を休む時に、どのように連絡するのがベストなのかを言い方の例文なども交えご説明します。

会社を急に休むときは電話がいい理由

休む場合はせめて誠意を伝えなければならないと思います。これこれこういう理由で休ませて下さいという誠意ですね。誠意を示すにはメールやラインではなく電話でする必要があります。社会人なのですからそれ相応の理由がなくては休みなんて考えられないのが常識なのです。

周りに迷惑が掛からない範囲ならそれは目を瞑ることもできなくはありません。でもどんな理由があるにせよ直接電話で伝える必要があります。

電話で連絡すると、相互のやり取りや引継ぎなどもスムーズにいき、業務を運営する上でも効率的であります。

電話をするタイミングや連絡先

会社を急に休む場合は、できるだけ早く連絡しなければなりません。会社は不足人員の調整をしなければなりませんし、不足したままの人員で業務をこなさなければならない場合は、社内でその連絡をしなければなりません。

そのためにも、休む必要があるという判断を早くし、その連絡を一刻も早くしなければなりません。少なくとも始業時間10分前には連絡してください。

連絡先は、必ず上司にするようにしてください。少人数の会社であれば、上司が社長ということもあると思いますが、その日の人員調整ができるのは上司であると思いますので、必ず上司、もしくは上司の代理の人に直接連絡するようにしてください。

伝える内容

休む理由は必ず伝えてください。会社のメンバーに迷惑をかけるのであるから、「大変ご迷惑をおかけいたしますが」というようなお詫びの気持ちを伝えたほうがいいでしょう。

あと、「休ませてください」ではなく「休ませていただいてもよろしいですか」と相手に了解を得るような言い方がいいでしょう。

伝えるときの例文

上司が出た場合

おはようございます。〇〇部長、熱が出で、動くことができません。大変ご迷惑をおかけいたしますが、本日、休ませていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

上司が不在の場合

おはようございます。熱が出て、動くことができません。大変ご迷惑をおかけいたしますが、本日、休ませていたたくことを○○部長にお伝えください。改めて、○○部長には報告させていただきます。よろしくお願いいたします。

上司が不在でつながらない場合は、メールやラインで、電話したことを伝え、休む理由などを報告してください。

急に休む場合は、電話で、できるだけシンプルに、休む理由とご迷惑をかけることへのお詫びは必ず報告してください。

ラインやメールを使う場合の注意点

最近何かにつけてメールやラインでやりとりすることが増えています。確かにそれは便利なもので、よほど急ぎの用でない限りはほぼ事が足りますし、場所を選ばないのもいいですね。電話だとどうしても出られないタイミングもあります。

電車の中とかに限って大事な仕事の要件だったり、緊急を要する要件のことがなぜか多くて困った経験は誰しもが一度はあるのではないでしょうか。

急に休むようになった場合、電話が通じなかった場合や電話ができない状況の場合、ラインやメールで連絡しておくことはやむを得ないでしょう。ラインやメールを送った後には、必ず、時間をおいて電話をするようにしてください。

電話で連絡することが基本で、電話で伝えられなかった場合のみ、ラインやメールを使うようにしましょう。

まとめ

急に会社を休む場合は、電話で休む理由を報告し誠意を見せるほうがいいでしょう。電話が使えない場合は、ラインでもやむをえません。上司が一般的ですが、誰に報告すればいいのかを事前に準備し、誠意をもって、電話で連絡してください。