ブラックに近いといえる私の職場の行く末は

私は30代の男性サラリーマンです。

とはいっても、現場系のサラリーマンで、少しそれは特殊な仕事です。

内容としては、警備関係の仕事になります。

営業と、現場警備員として働くのが私の担当です。

繁忙期は月の1/3ぐらいの現場に駆り出されることもありますね。

 

それは私にとってはそこまでの苦ではありませんでした。ただ、最近になると、その繁忙が異常なレベルにまで膨れ上がってきているのです。

警備業界は、きつい仕事の3K的な位置づけで捉えられ、ハードなことで有名です。そのため、人員が思ったより本当に集まりません。

 

現代では、コンビニエンスストアのような、冷暖房完備の就業施設も増えて、仕事は選び放題です。

もちろん、それは、正社員ではなくアルバイトの状態なら選び放題というですけどね。

そのためか、警備員には、なり手が異様に少ない現状です。そして、年々温暖化の問題が深刻化していますが、あまりの暑さに、どんどん会社を辞めていくアルバイトたちが増えてきました。

 

私は、月の10日近くの現場警備員の予定が今では半分を超えてしまいましたよ。そこから月の休みが5日しかない、こんな状況になってしまったんです。

そうなってしまってはもう、職場はマイナスオーラがとてつもないほどに漂っているわけです。辞める従業員と辞める人間が増えたあとの、勤務の追加が襲ってきます。

 

まさに、しわ寄せというやつですが、もう限界が近づいてきておりますね。会社は、売り上げが第一と、現場依頼があっても断らないため、警備員たちの休みが満足にありません。

私は営業も兼任のために、お客様への顔出し訪問もやるので、正直、板挟み状態のこの現状がかなり精神的にまいってきておりますよ。

 

会社の役員たちからは、現場の数が足りない、だから仕事を取ってこい、そう日々言われます。

会議でも少ない少ないと罵りますね。

そして、現場が忙しく、私が応援で加勢に行くと、現場の警備員のアルバイトたちからはもう仕事をとらないでくれ、このままでは倒れてしまうと、そんな声を直に受けるわけです。

 

私は他の会社のことが気になりますね。とはいっても、同じ職種に転職をしたいということではありません。

いい会社は従業員にどういった待遇をしているのか、そのあたりを実際に見たりして、知りたいのです。

業績の好調な会社はそこらへんがしっかりとしているイメージがあります。

 

そして、わが社も、人間をこき使っていると、いつか足元をすくわれるでしょう。末端の従業員の声をもっと聞いて、反映させてほしいものだと思います。

そう私は願いながらも、あと少しだけ頑張って見ようと思います。

おすすめの記事